ムーラン・ルージュ/MOULIN ROUGE!

人がこの世で知る最高の幸せ
それは誰かを愛し、
その人から愛されること…

「ロミオ&ジュリエット」のパズ・ラーマン監督が描く
せつなくて、美しい至上の悲恋

恋の至福と愛の悲しみに息もつけない極上のラブ・ストーリー

 時は1899年。舞台は悪名高く、派手で魅惑的なパリのナイトクラブ“ムーラン・ルージュ”。サティーンは“輝くタイアモンド”と謳われるムーラン・ルージュのスターにして、最も有名なコーティザン(高級娼婦)。彼女は貧しいが才能ある若い作家クリスチャンと運命的な恋に落ち、やがて美しくも悲劇的なクライマックスヘと突き進んでいく。これは世紀末のデカタンな世界に輝く“真実”、“美”、“自由”、そして何よりも“愛”を謳い上げる壮大なラブ・ストーリーである。

演技力と歌唱力を兼ね備えた俳優ニコール・キッドマンとユアン・マクレガー

 この情熱的で悲しい愛の物語の主人公サティーンとクリスチャンを演じるのは、ニコール・キッドマンとユアン・マクレガー。究極の愛を求めてアンダーワールドに足を踏み入れていくオルフェウスの神話に基づいた内容にふさわしく、この上なく美しいベストカップルの誕生である。また、演技だけでなく歌と音楽で感情を伝えるこの映画の中で、ふたりはすべての歌曲を歌っている。

官能的でゴージャス、ここは“何処にもない夢の世界”

 「ダンシング・ヒーロー」と「ロミオ&ジュリエット」の斬新なスタイルで世界中にセンセーションを巻き起こしたバズ・ラーマン監督は、今回、ロートレックが出入りしていた頃の最も華やかな“ムーラン・ルージュ”を圧倒的な美の洪水で鮮やかに描いてみせる。官能的でコージャスなビジュアルと、ディートリッヒやガルボといった古典映画のディーバたちを思わせるエレガントな衣装の数々。当時のアンダーワールドがバズ風の魅力を振りかけられて、“何処にもない夢の世界”として再現されている。

20世紀のポップ・ミュージックが満載、新しいスタイルのミュージカル

 この映画では、物語を伝えるための“歌”が重要な役割を果たしている。ロジャース&ハマースタインからビートルズ、スティング、マドンナ、デビッド・ボウイ、エルトン・ジョン、T-REX、ファットボーイ・スリムなどの現代のポップスが、19世紀末の舞台に散りばめられている。サントラは既に世界中で話題で、クリスティーナ・アギレラらが歌う「レディ・マーマレイド」は全米で5週連続1位を獲得する大ヒットを記録している。

<スタッフ>監督:バズ・ラーマン/脚本:ズ・ラーマン、クレイグ・ピアース/製作:マーティン・ブラウン、バズ・ラーマン、フレッド・バロン/撮影:ドナルド・M・マカルパイン/プロダクション・デザイン:キャサリン・マーティン/音楽監督:マリウス・デ・ブリーズ
<キャスト>ニコール・キッドマン/ユアン・マクレガー/ジョン・レグイザモ/ジム・ブロードベント/リチャード・ロクスボロウ
2001年/シネマスコープ/カラー/ドルビーSR・SRD、DTS、SDDS/2時間8分

閉じる