国指定天然記念物
見島ウシ産地

指定年月日昭和3年9月20日
管理団体萩市
所在地 萩市見島

 見島ウシは、朝鮮半島から渡来し、室町時代ごろから飼育されていたと思われます。以来、今日まで混血することもなく、日本で最も古い和牛といわれています。
 役用種で毛色は黒褐色。平均的体高はメスで1.17m、オスで1.25mです。当時、本土で飼育されていた和牛よりも小柄ですが、体はよく引き締まり、体のつり合いも良く、角は小型で外上方に開き、やや横に延びています。四肢、ひづめは共に短く、強靭である。また、晩熟で満3歳でようやく繁殖年齢に達します。肉質は全身霜降りで大変おいしいということですが、残念ながら天然記念物のため食肉としては流通していません。
 性質はきわめて温順で臆病ですが、力が強く抗病性も高く、粗食にも耐えるなどの特性をもっているために、古くから農耕や壁土練等に重宝されきました。

見島牛


戻る